財布はいつ買い替えるのか

だれでも同じ財布を長く使っていれば愛着が沸いてくるものです。でもどんなに気に入っている財布でもいつか寿命がやってきます。これは仕方のないことです。そこで、財布の買い替えのチェック項目をいくつかあげてみます。
・汚れが取れなくなった
・擦り切れてボロボロになった
・表面の革がはがれてきた
・ホックなど部品が取れた
・使用し始めて3年以上経過している
・変なにおいがする
・形が崩れてきた
・なんだか出費が多くなったように感じる
・気分が合わない
これらのことが思いあたるようになってきたら、その時が財布の買い替えの検討時期と言っていいでしょう。
財布の寿命は一般的には1000日と言われていますが、無理してまで1000日使う必要はありません。財布の使い方や種類によっては早く寿命が来る場合もあります。チェック項目にいくつか当てはまるようになったら買い替えの時期と判断してもよいでしょう。
でも、そろそろ買い替えかなと思う時期が来たとしてもすぐに新しい財布を買う必要がない場合もあります。高価な財布でしたら場合によっては修理に出すということを検討するのもいいでしょう。部品の交換やほつれの修復によりまた使えるようになることもあります。修理は購入したお店に出すか修理の専門店へ出すのが良いでしょう。