財布の中に入れるもの

財布にはさまざまなものを入れることができます。お金・カード類・金券・運転免許証・名刺などのほかには、鍵やお守りも入れることができます。ところが、これらすべてを入れていたのでは財布はふくらみ過ぎてパンパンになってしまいます。なんでもかんでもひとつにまとめてしまうとこのようなことになってしまいます。必要なものを必要な時に取り出せるようにして持ち歩くことが大切です。このことに気をつけなければ財布はどんどん膨らんでしまいます。いわゆる財布が太る状態になってしまうのです。持ち運びのことを考えると財布の厚みは2〜2.5cmくらいまでが許容範囲であるとされています。財布の厚みに関してはこれを目安にすると良いでしょう。そこで、財布の厚みをコントロールするにはそれなりの工夫が必要です。お札と小銭を分けるというのもひとつの方法です。また、運転免許証や定期券などは別にするのも厚さをコントロールするのひとつ方法です。ポイントカードは本当に必要なものだけを財布に入れるようにしましょう。普段自分が使わないものは財布に入れないのです。銀行のキャッシュカードやクレジットカードも一番よく使うメインのものを財布に入れるようにしましょう。