長持ちする財布とは

せっかく新しく財布を買うのでしたら長持ちする財布がいいに決まっています。もちろん経済的にも長持ちする方がいいに決まっています。そこで、長持ちする財布かどうかのポイントをまとめてみました。
・素材
一番長持ちするのは皮革ですが、その中でも馬の革が一番丈夫なようです。皮革は財布の素材としては歴史があるのですが、水に弱いという弱点があります。この点が気になる方は耐久性に優れた人工の素材のものを選ぶのが良いでしょう。
・素材の加工の仕方
天然の皮革の場合はどうしても生のため痛みやすいので、なめし加工がなされます。またコーティングがされた皮の財布もあります。コーティングがしてあると光沢もいいですし、傷がつきにくいという利点があります。加工にも防水・抗菌・防ダニなど目的によりいろいろとあります。
・縫製の丈夫さ
手縫いの財布と機械で縫っている財布があります。手縫いの場合はどうしても職人の技量の差が出やすいという特徴があります。ただ手縫いの方が機械で縫うよりも丈夫ではあります。これに対して、縫製をしないで接着剤だけで仕上げた財布もありますが、耐久性という点では問題があります。長く使っていると接着剤がはがれてきてしまうのです。私もこのような経験があります。