財布の素材・機能について

財布の素材は元々は皮革だったのですが、現代においてはいろいろなものがあります。
革:まずは財布の素材の元祖である革は天然革と人工革・合成革に分けることができます。手触りや質感はまったく違います。価格については天然の方が高いです。革はその加工方法においてもたくさん分類できます。
布:最近は布が人気があります。個人的には帆布が丈夫だし質感が好きです。また麻のリネン素材のものも人気があります。
ビニール:ビニールもいろいろな加工の仕方があるのですが、利点としてはやはり水に強いことです。
プラスチック:軽くて携帯性はいいし、入れるお金の量によってはかさばらばくていいですね。
財布の機能はデザインとの関係が非常に奥が深いです。そこで機能面についてのポイントに触れておきます。
・じゃばらとマチについて
じゃばらとマチによって財布の各部分の余裕は決まってきます。このじゃばらとマチは札入れや小物入れの部分・カード入れの部分などの仕切りたいところについています。これは好みの問題かもしれませんが、じゃばらは膨らみやすいのでたくさんいれたくないのでマチの部分に入れる人もいるようです。
・留め具について
留め具はホックとファスナーがありますが、これも好みの問題です。デザインとの関係が決め手になるでしょう。